1. トップページ
  2. 製造日記 2020年5月28日

絞り加工


弊社では、絞り加工の製品を扱うことがあり、近くにある協力会社様にお願いしております。

絞り加工とは、工具を用いて板材から容器状の形状に製品を作る加工法です。

素材をマンドレルと呼ばれる型の先端に取り付け、

1分間あたり数回転から3500回転で回転させます。

型は金属製あるいは木製のものを用います。

回転する板にへらあるいはローラーを押しつけ回転中心から

外側へ向かって型に沿うように少しずつ変形させます。

へらは材質として工具鋼が用いられ先端部には焼入れがされています。

素材とへらとの接点はグリース等で潤滑させます。